シトルリンに副作用ってあるの?増大成分の真実をここに解説!

シトルリンはアミノ酸の1種で、スイカから発見された成分です。

血流促進効果を持つ事から、ペニス増大でも特に重要な成分とされています。

高い効果を持つ事から副作用があると思われがちですが、「一部の例外を除き」シトルリンには副作用は存在しません。

つまり、ほぼ安全だという事です。

凄い成分なのに安全なんて本当?」

と疑問に思ってしまいますよね。

そんな疑問を持つ方に向けて、今回はシトルリンの性質やなぜ副作用がないのかについて解説していきます。

〇シトルリンとは

シトルリンはアミノ酸の一種で、主にスイカから摂取できる成分になります。

シトルリンはかつて「医薬品成分」として分類されました。

しかし、その安全性から2007年以降、日本では健康食品に含まれる「天然成分」として扱われ始めました。

つまり、シトルリンは強力な効果と高い安全性が存在する非常に有効な成分なのです。

シトルリンの主な効果

  • 血流促進効果
  • 血管をしなやかにする

特に血管を拡張する事による血流促進効果で有名な成分です。

血液の流れをスムーズにし、酸素や栄養を全身に行き渡りやすくして体を健康に保ちます。

シトルリンの主な働きとして、血管拡張作用が挙げられます。 めぐりをスムーズにキープして、体のすみずみまで酸素と栄養素を届けます。

引用:iDragStore

また、ペニスに血流は大きな影響がある事から、増大成分でも重要な成分といっても過言ではありません。

更に、最近の研究で血管をしなやかにする効果が発見されました。

血管・血流」に関する成分として、シトルリンは突出した効果を誇ります。

シトルリンが「ほぼ」安全な理由

シトルリンはきちんと用法用量を守って摂取すれば副作用は存在しません。

そもそも副作用のある成分というのは医薬品などの強力な効果を持った成分に限ります。

シトルリンは天然成分なので、普通に摂取しても人体に害はありません。

天然成分とは、主に食べ物から摂取できる成分の事です。

普段食事の時に副作用を疑う事はありませんよね。

しかし、医薬品成分は天然成分よりも強力な効果をもつ反面、副作用が発生してしまうんですね。

もちろん治療に使用される成分ですので、医薬品成分がダメという事ではありません。

医師の判断の下で処方されるので、自身の判断だけで摂取しないようにしましょう。

この2つの分類は法律によって決められているので、国の保証付きと言えます。

厚生労働省では、製品の原材料となるものについて、医薬品としての使用実態、毒性、麻薬様作用等を考慮し、「医薬品に該当するか否か」の判断を示しています。

引用:東京都福祉保健局

とはいえ、そんな安全な天然成分にも「例外」があります。

摂取方法や摂取する人の状態次第では副作用が出る可能性があるのです。

いくつかの例外について解説していきたいと思います。

〇副作用が出る可能性のある「一部の例外」って何?

シトルリンによる副作用には主に3つの原因があります。

  1. 過剰摂取
  2. 医薬品の服用
  3. シトルリン欠損症

①過剰摂取

1つ目は過剰摂取。

シトルリンの1日の目安量は800gで、これを超える量を摂取しても効果に差は出ません。

なので、シトルリンを摂取する時はこの目安量に合わせて摂取すると良いでしょう。

もし目安量を超えて摂取してしまったとしても、あまり心配する必要はありません。

シトルリンは毒性が非常に低いので、多少超えていたとしても副作用はでない事が確認されています。

研究では目安量の10倍を摂取した結果、約15%が副作用を感じたとの結果が出ています。

8,000mgのシトルリンを使用した所、被験者の14.63%が腹痛を感じた」という報告がありましたが、推奨量の10倍も摂るということは間違ってもないと思います。

引用:SecretKarte

例え積極的に摂取していても、10倍の量を摂取する事はほぼありません。

安心して、容量を守って摂取するようにしましょう。

②医薬品の服用

シトルリンは血液・血流に大きな効果を持つ成分です。

そのため、同様の効果がある医薬品を服用していた場合、効果が過剰に発揮されて副作用が出る可能性があります。

シトルリンと服用してはいけない主な医薬品

  • 降圧剤
  • ニトログリセリン
  • バイアグラ

これらの成分はどれも血流促進効果を持つため、シトルリンと一緒に服用するのは止めましょう。

嘔吐、頭痛、低血圧などの副作用が起こる可能性があります。

血管を拡張する事で血圧が下がる可能性があるので、「降圧剤」を服用してる方も摂取しないよう注意してください。

引用:精力剤被害サーチ

もし医薬品を服用していた場合、きちんとその効果を理解した上でシトルリンを摂取するようにしましょう。

シトルリン血症

元々シトルリンは血液中に存在しているアミノ酸の1種

シトルリン血症は、血液中のシトルリン濃度が上昇している事です。

つまり、その状態から更にシトルリンを摂取してしまうと、血流が良すぎて副作用が出る危険性があります。

シトルリン血症の原因は、肝疾患などにより血液内のシトルリンの濃度上昇によって起きるものです。

引用:ホスピタ

シトルリン血症による副作用

  • 呼吸困難
  • 痙攣
  • 手足の震え
  • 知能障害

これらのような症状が出てしまい、新生児では死亡するケースもあります。

シトルリン血症を患っている方は、まず治療を最優先に行動しましょう。

〇安全にシトルリンを摂取し、健康な体を手に入れよう!

シトルリンは非常に毒性が低く、基本的には安全な成分です。

しかし、いくつかの条件を満たしてしまった場合はその限りではなく、健康被害を受ける事があります。

  • 過剰摂取
  • 医薬品の服用
  • シトルリン血症

とはいえ、これらの要素を事前に知っていれば、健康被害に対処する事は十分に可能です。

その際には、シトルリンを摂取する前に医師に相談して許可をもらいましょう。

安心してシトルリンを摂取して、効果的に健康的な体を手に入れましょう。